TOEICに合格するにはどうしたらいいのかを解説します

TOEICで高得点を狙うなら、最初にどのようなテストなのかを知ることから始めなければなりません。まず念頭に置いておくべきなのは、使われるのがビジネスシーンで利用される英語という点です。そのため、ビジネスで使用される単語や表現が出てきますので、それらを覚えておかなければなりません。また、テストでは膨大な量の問題が出題されますので時間配分にも注意が必要です。時間に対しての問題数はかなり多めに設定されていますので、ゆっくりと解いていくと最後まで解くことができません。その他、簡単に見える問題であってもひっかけがありますので気を付けることが大切です。どのような傾向があるのかを知っておけば、ある程度は対策を立てることができます。それにはまずは過去の問題に目を通すことが重要です。

点数の取りこぼしを無くして高得点を取る

TOEICのテストでは、初心者でも取りやすい問題が用意されています。その辺りの問題の取りこぼしを無くし、着実に点数につなげることが大切です。リーディングセクションの場合は解ける問題からどんどん解いていき、難しい問題は後回しにします。初心者でも点数を取りやすいのは、リスニングセクションのPart1とPart2、リーディングセクションのPart5とPart6です。Part3やPart4、Part7と比べると少ない語彙力でも解ける問題が多く、時間もあまりかかりません。ですから、点数の伸び悩みに悩んでいる人も、この辺りから着実に解けるように対策を立てていくと効率的です。比較的簡単な問題は表現も複雑ではありませんので、答えを出すのに迷うようなこともあまりありません。

TOEIC対策として覚えておくべきポイント

TOEICのリスニングには慣れるまでが大変ですが、集中して勉強するとリーディング力も向上します。リスニングでは聞き取ることばかりに気を取られてしまいますが、自分で発音してみることも大事です。発音できる音は聞き取ることもできますので、細かい音を聞き分けるためにも実際に発音してみるようにします。テストが近づいて来たら、本番と同じような環境で学習していくことが大切です。実際の試験時間と同じ時間でPart1からPart7までに分かれた問題を解いていき、リスニングももちろん行います。当日は緊張してしまう人もいますから、できるだけ同じような環境に身を置いて平常心で受けられるように訓練しておくことが重要です。実際に試すことで時間配分を見直したり気を付けるべき点を知ることができます。